丸京について Concept

《公式HPからの予約は10%OFF!
空室検索

炭とともに歩んできた”丸京の歴史”

太古の昔より伝えられし「炭」の力 太古の昔より伝えられし「炭」の力
人類が火を使い始めたのは45万年前の旧石器時代。
日本で初めて炭を使い始めたのは
およそ30万年前と言われています。
火力の調整が簡単で、火持ちがよく、
燃やしても煙や炎を出さず、
軽くて保管や持ち運びが便利で腐らない燃料「炭」は、
人類最初の燃料革命だったのです。
その後、人類は自らの文明・文化を発展させるとともに、
炭に秘められた様々な力を見出してきました。
太古の昔より伝えられし「炭」の力
「炭」を作り、「炭」を売る 「炭」を作り、「炭」を売る
昔々あるところに・・・と話すほど昔ではない、
ちょっと昔のこと。
鬼怒川のある一軒の農家が炭作りをしていました。
町まで売りに行き、生活費の足しにするのです。
その炭を売りに歩いて運んだ少年こそ、
うら若き「丸京」の創業者です。
少年は家族のため、生活のために身を粉にして働き、
「丸京」が生まれたのです。
「丸京」創業者 「丸京」創業者

炭のおもてなし

これまでの丸京では、お客様に癒やしと寛ぎの空間づくりに“炭のおもてなし”を、おこなって参りました。
炭は、優れた消臭効果や、快適な温度を保つなど、素晴らしい様々な特性を持っています。
その上質な炭を、館内・客室にしつらえ、工夫とこだわりを持って使用いたしました。

  • 炭のオブジェ炭のオブジェ
    館内には、日本が誇る三種の炭、備長炭・竹炭をあしらったオリジナルオブジェ。
  • 華炭のテーブル華炭のテーブル
    竹炭をベースに室町時代より愛でられて来た「お華炭」をあしらいました。宝石のような炭の美しさをお楽しみください。
  • 炭枕炭枕
    備長炭を練り込んだ表面生地と竹炭パイプのクッションがお客様を心地よい眠りへと誘います。

一週間をテーマにした”これからの丸京”

これからの丸京は、「炭のおもてなし」を残しつつ、
“こころがまあるくなるような” おもてなしで、
お客様とのご縁を大切にしたいと考えています。
人が生まれながらに持つといわれる、
生体リズムの“一週間”をテーマに、
心身ともにお寛ぎ頂ける空間を、ご用意いたしております。

ルームキー 玄関

一週間をテーマにしたお部屋

生体リズムの一週間をテーマに、心身ともにお寛ぎ頂けるお部屋をご用意しております。お部屋のつくりは様々で、ご宿泊スタイルに合わせてお選びいただけます。お部屋ごとに異なる印象をお楽しみください。

お部屋 詳細はこちら
一週間をテーマにしたお部屋 一週間をテーマにしたお部屋

一週間を食べる○饗膳

栃木県の旬の食材をアレンジし、その時々の旬の美味しさを提供する”◯饗膳”は、毎日でもお越しいただきたいという意味を込めて「一週間を食べる」をテーマに提供しています。一週間の曜日をコンセプトとした、色とりどりの料理の数々を心ゆくまでご堪能ください。

お料理 詳細はこちら
一週間を食べる○饗膳 おしながき
一週間を食べる○饗膳 一週間を食べる○饗膳
《公式HPからの予約は10%OFF!